fc2ブログ
アクセスランキング

痴女なお姉さんに逆痴漢されたのち

kage

2013/10/23 (Wed)

『大声を出すと、あなたが恥ずかしい思いをするわよ・・・』
主人公が普段どおり電車に乗って通勤していると、後ろから誰かが股間に触れ、胸や身体を密着させてくる。突然の出来事に困惑しつつもそのやさしい愛撫に肉棒臨戦態勢になってしまう。声を出し、振り払おうとするが、今度は前にいた女性が背を向けたままお尻をこすりつけてくる。ちょうど勃起した肉棒がお尻の谷間に搾られるかたちになっている
『あら、痴漢?』
不意にそう言うと振り向きドSな含みのある笑顔をこちらに向けてくる・・・

そう、今の状況で大声を出しても変質者として疑われるのは明らかに自分だ。そう思うと、声を殺しただ、彼女たちの愛撫に耐える主人公だった。しかし、彼女たちはやめるどころか、そんな主人公の姿を愉しそうに見つめ、愛撫はさらに激しくしていくのだった・・・

tizyo.gif
そう、彼は彼女たちのペット候補に選ばれたのだ。そして、今日はペットに墜とすための甘い罠の施行日・・・
ドSなお姉さんは好きですか?
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック