fc2ブログ
アクセスランキング

射精しても射精しても終わらない快楽の螺旋

kage

2013/12/14 (Sat)

音声作品です。
女看守にただひたすら手コキをされ続けます。私がイっても暴れても泣き喚いても何事もなかったかのようにその手が止まる事はありません。
2回3回と射精し続け、体力的にも精神的にも限界が近づいてきたところで手が止まり、
「もう手コキはしないから安心してください。」
と女看守の声がし、少し、ほっとしていると女看守の声は続けて
「いっぱい射精してもうおちんちん限界ですよね?そんな限界おちんちんのためにこんなものを用意しちゃいました。」
そう言い手に持っている物を楽しそうに見せびらかせ
「じゃじゃ~ん、これなんだかわかりますか?」
私はにっこり笑いながら”それ”を持っている女看守を見た瞬間、ゾクゾクと背筋が凍るような感覚を覚えました。
アレを使って壊される。そう確信した瞬間、恐怖や絶望、焦燥感で自然と身体が震えていました。
「あはは、顔青ざめてるよ?なんでそんなに焦ってるのかな?・・・・」
射精監獄~搾精狂いの女看守~
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック